現代の記念金貨

近年、金貨の発行はされていません。昭和61年、62年、昭和天皇御在位60年記念として10万円金貨が発行されたのは、非常に話題になりました。ただ、この金貨は補助通貨という立場にあり、強制通用力(法貨としての力)は20枚、200万円までに限定されていたものです。この金貨に関しては、10万円の金貨であっても当時、1g1900円前後であり、20Fしかなかったため、半分以下の価値ということで、偽造などの問題も発生しました。

その後、平成2年になって発行された天皇陛下御即位記念10万円金貨は重量が30gに増量されていて、発行枚数が200万枚、さらに平成4年には皇太子殿下御成婚記念5万円金貨が発行され、重量は18g、発行枚数は200万枚でした。

額面価格で引き換え出来るという事でしたが、平成8年長野オリンピック冬季競技大会記念1万円金貨の発行以降、金貨の額面は1万円と限定され、額面を上回る地金が利用されています。一般的に収集する金貨同様、地金価格を上回る金貨という事になりました。これ以降、プルーフ加工(貨幣をより美しくするため表面を鏡のように磨いた貨幣)した金貨については額面以上の金額で販売されることがあっても、長野オリンピックの記念金貨以降、すべての発行金貨がプルーフとしてプレミアム販売されています。

近代、本位金貨

近代の金貨は明治時代になってからようやく、金本位制度が確立します。これによって金貨の行く末が大きく変わりました。金本位制度(金を通貨価値の基準とする制度)となって、金貨を日本銀行が発行する日本銀行券、紙幣と金貨を交換でき(兌換紙幣・・正貨たる金貨や銀貨と兌換が保証されていない法定紙幣のこと)、その価値を保証するものでした。

近代になって初めてとされる金貨は1871年発行の20円、10円、5円、2円、1円金貨でした。貨幣法ができたことで1897年、新金貨となり、20円、10円、5円金貨のみとなりました。この新金貨については昭和初期まで製造発行されていたものです。

特に、こうした金貨を収集されている人にとってレアとなるのが、昭和7年発行の20円金貨です。この昭和7年の20円金貨は1月のみ、そのうち、たった20日間だけ鋳造されたもので、市場に流通しませんでした。幻の金貨と呼ばれていて非常に希少価値の高いものです。これはかなり値がはる効果となっているでしょう。

年によってつくった枚数が少ないとか、通常ありえない形をしている硬貨はコインマニアに人気があります。オークションなどでもまれにこうしたレアものが登場する事があり、高値が付くことが多いです。

日本の金貨の歴史

日本の金貨の歴史としては、淳仁天皇の天平宝字4年に発行された開基勝宝(かいきしょうほう)という金銭が始まりです。この1枚で、銀銭10枚に相当します。ただ金銀銭は実際にほとんど流通する事がなく、中世まで金銀に鑑定は秤量貨幣という立場でした。そのため、形を成さず砂金という状態で使用されることも多かったのです。金は東日本、銀は西日本に使用されていたようです。

銀の前に金が計数貨幣として整備されました。戦国時代、武将たちが日々闘っていた時代、武田信玄が活躍していた甲斐国で甲州金が発行されました。しかしこれは貨幣として流通したものではありませんでした。なんでも派手な事が大好きだった豊臣秀吉が作った天正大判金は、近代においても金貨として世界最大のものとされています。

江戸時代になると小判や一分判など全国を流通する事を目的にした定位金貨(数量金貨)が発行されました。これは幕末まで継続します。秤量貨幣として発足したものですが、やっと江戸時代の末期になって、銀貨とは対照的な形で貨幣としての金貨の価値がでてきたのです。

こうして考えてみると、金貨というのは中々定着しない物だったのです。しかしこの先は、日本銀行券、つまり日本銀行発行の紙幣と金貨を交換する事が出来るようになり、その価値も保証されたいったことで、近代金貨は変わっていきます。

金貨の価値

最近はそれほどでもありませんが、昔は金貨を集めているという人も多く、また古くから歴史があるものです。美しく光沢があり、希少価値があり偽造しにくいものといわれていますので、保存しておくことができるものとして人気があります。中世、西欧では銀貨が鋳造され金貨は作られていなかったのですが、東方との貿易については鋳造された金貨が利用されていました。

当時の貨幣は金貨といいますが、純金ではなく銀、銅の合金などで作られていました。日本でも何かの記念に金貨が販売されることがありますが、現在貨幣として金貨が売られているという事はありません。

さびにくく腐蝕しないということで硬貨の素材として利用されていましたが、ラテン帝国が鋳造し始めたことで、フローリン金貨などが誕生しました。光沢があって美しく見栄えがいい、柔らかく加工するのに苦労がない、日常の環境の中において腐蝕しない、希少価値が高く偽造しにくいなどの金の特徴があったことで、古来、世界各地においてそれぞれ独自の金貨、貨幣文化が進んだのです。

完全なる金ではなく、金、銀、白金などの自然合金が主に利用されていたのですが、ラテン王国から鋳造し始めたことで金貨の価値が一気に高まりました。フィレンツェのフローリン金貨、ジェノバ共和国のジェノバ金貨、ヴェネツィア共和国のゼッキーノ金貨など、有名な金貨がたくさんあります。金貨の種類は非常に多く、その数は20万種類と言われています。その価値は現在も変わることなく非常に高く、投資に使用されることもあるほどです。
当サイトはキラキラと美しく魅力的な金貨について、その歴史をお伝えします。皆様にとってこの情報がよい情報となれば幸いです。

関連リンク|金貨販売のゴールドコインは品揃えナンバー1です。