現代の記念金貨

近年、金貨の発行はされていません。昭和61年、62年、昭和天皇御在位60年記念として10万円金貨が発行されたのは、非常に話題になりました。ただ、この金貨は補助通貨という立場にあり、強制通用力(法貨としての力)は20枚、200万円までに限定されていたものです。この金貨に関しては、10万円の金貨であっても当時、1g1900円前後であり、20Fしかなかったため、半分以下の価値ということで、偽造などの問題も発生しました。

その後、平成2年になって発行された天皇陛下御即位記念10万円金貨は重量が30gに増量されていて、発行枚数が200万枚、さらに平成4年には皇太子殿下御成婚記念5万円金貨が発行され、重量は18g、発行枚数は200万枚でした。

額面価格で引き換え出来るという事でしたが、平成8年長野オリンピック冬季競技大会記念1万円金貨の発行以降、金貨の額面は1万円と限定され、額面を上回る地金が利用されています。一般的に収集する金貨同様、地金価格を上回る金貨という事になりました。これ以降、プルーフ加工(貨幣をより美しくするため表面を鏡のように磨いた貨幣)した金貨については額面以上の金額で販売されることがあっても、長野オリンピックの記念金貨以降、すべての発行金貨がプルーフとしてプレミアム販売されています。