金貨の価値

最近はそれほどでもありませんが、昔は金貨を集めているという人も多く、また古くから歴史があるものです。美しく光沢があり、希少価値があり偽造しにくいものといわれていますので、保存しておくことができるものとして人気があります。中世、西欧では銀貨が鋳造され金貨は作られていなかったのですが、東方との貿易については鋳造された金貨が利用されていました。

当時の貨幣は金貨といいますが、純金ではなく銀、銅の合金などで作られていました。日本でも何かの記念に金貨が販売されることがありますが、現在貨幣として金貨が売られているという事はありません。

さびにくく腐蝕しないということで硬貨の素材として利用されていましたが、ラテン帝国が鋳造し始めたことで、フローリン金貨などが誕生しました。光沢があって美しく見栄えがいい、柔らかく加工するのに苦労がない、日常の環境の中において腐蝕しない、希少価値が高く偽造しにくいなどの金の特徴があったことで、古来、世界各地においてそれぞれ独自の金貨、貨幣文化が進んだのです。

完全なる金ではなく、金、銀、白金などの自然合金が主に利用されていたのですが、ラテン王国から鋳造し始めたことで金貨の価値が一気に高まりました。フィレンツェのフローリン金貨、ジェノバ共和国のジェノバ金貨、ヴェネツィア共和国のゼッキーノ金貨など、有名な金貨がたくさんあります。金貨の種類は非常に多く、その数は20万種類と言われています。その価値は現在も変わることなく非常に高く、投資に使用されることもあるほどです。
当サイトはキラキラと美しく魅力的な金貨について、その歴史をお伝えします。皆様にとってこの情報がよい情報となれば幸いです。

関連リンク|金貨販売のゴールドコインは品揃えナンバー1です。